雪印種苗園芸センターは、バラ苗木をはじめとして各種果樹・花木類の苗木などを販売しています。

サイトマップ
プライバシーポリシー
雪印種苗園芸センター
011-891-2803
花暦
雪印種苗園芸センター

新着情報

雪印種苗園芸センター
北海道! 札幌! バラ! と言ったら「雪印種苗園芸センター」と一番に思い出していただけるように2020年も元気で良い苗をしっかり管理して販売できるよう苗木売場スタッフ一同がんばります!

2019年の営業は10月30日(水)で終了いたしました。
今シーズンもご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
2020年もみなさまのお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

~工事のおしらせ~
いつも雪印種苗園芸センターをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら温室店舗点検、修繕工事のため、2019年10月31日(木)~2020年2月29日(土)の予定で営業を休ませていただきます。
現時点では2020年3月1日(日)9時30より営業開始を予定しておりますが、日にちに変更がありましたら当ホームページにてお知らせいたします。
大変ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申しあげます。

***フレッシュな情報は、こちらのHPの新着情報やインスタグラムでも発信中***

※1/15 花暦(シンビジウム)を更新しました。

※10/18
イベント&セール情報更新しました。


※2019年取扱い予定バラ品種公開!

花暦

雪印種苗園芸センター
2018年9月

サルビア

~ サルビア ~

サルビア(サルビア スプレンデンス)は、日本では一年草として扱われますが元来は非耐寒性の多年草です。鮮やかな赤色の花と葉の緑色のコントラストが印象的で、花色は白色やサーモンピンク、濃い紫色の品種もありますが、丈夫なのはやはり基本的な赤色の品種のようです。

サルビア
雪印種苗園芸センター
<日本でも古くからなじみのある花>

サルビアの原産地はブラジルで、草丈1mにもなる大型の草本です。それが品種改良されて現在は20~50cm程度の品種が大部分です。最初に日本に輸入されたのは明治時代だそうで、その後古くから花壇用の花として親しまれてきました。

サルビア
雪印種苗園芸センター
<秋に存在感の増す花>

 サルビアを栽培するには、春の遅霜の心配がなくなる頃にポット苗を購入するのが一般的です。半日蔭でもよく育つので、極端に乾燥しない場所を選んで植え付けます。初夏から咲き始めますが、暑い時期にはきれいな花が咲かないので切り戻すなどして株を充実させ、秋からの開花に備えるのがよいでしょう。
サルビアの花穂は小さな花が集まった形をしており、下から上へ咲き進みます。赤色の品種はガクも赤く、花が咲き終わった後もガクが残るため花の寿命が長いように見えます。実際の花はガクから3cmほど伸びる筒状の花冠で、よく見ると先の方に雄しべや雌しべがあるのがわかります。
花は秋深くまで咲き続けますが、霜が降りれば株が枯れてしまい翌春に再生することはありません。

(文:雪印種苗株式会社 研究開発本部 不破規智)

雪印種苗園芸センター
雪印種苗園芸センター

イベント情報
詳しくはこちら
店舗紹介
雪印種苗園芸センター
(運営会社:株式会社グリーンプランナー)
札幌市厚別区上野幌1条5丁目1番6号
温室店舗 (011)891-2803
苗木売場 (011)896-7852
営業期間
(温室店舗)2月15日~10月30日
(苗木売場)4月20日~10月30日
営業時間
<4月~6月>9:30~18:00
<7月〜10月>9:30~16:00
雪印種苗園芸センター