雪印種苗園芸センターは、バラ苗木をはじめとして各種果樹・花木類の苗木などを販売しています。

サイトマップ
プライバシーポリシー
雪印種苗園芸センター
011-891-2803
花暦
雪印種苗園芸センター

新着情報

雪印種苗園芸センター
※7月1日(月)は棚卸の為、お休みいたします。
(7月2日(火)は朝9時30分から営業します。7月の営業時間は9:30~17:00です。)

バラ見本園、見頃です!!

やさい苗、セールやってます!

***フレッシュな情報は、こちらのHPの新着情報やインスタグラムでも発信中***

※6/12花暦(セラスチウム(ナツユキソウ))を更新しました。

※5/24イベント&セール情報更新しました。

※2019年取扱い予定バラ品種公開!

花暦

雪印種苗園芸センター
2019年3月

野菜の花

~ 野菜の花 ~

野菜にも花が咲いて種子ができます。ですから家庭菜園で野菜を育てる際には、その野菜が「いつ花を咲かせる性質なのか」を意識して品種を選び、播種する時期を守ることが重要なポイントです。

雪印種苗園芸センター
<アブラナ科の野菜は低温を感じて花を咲かせる>

アブラナ科の野菜にはキャベツ・ハクサイ・コマツナ・ダイコン・カブなどがあります。これらには低温に遭遇すると花芽ができる性質があり、それが生長すると「とう立ち」して食べる部分の成長が止まり、味が落ちます。ですから春まだ十分に気温が上がらない時期に育てる場合は、その時期に適した「とう立ち」しにくい品種を選ぶ必要があります。

野菜の花
雪印種苗園芸センター
<ホウレンソウは日の長さを感じて花を咲かせる>

 ホウレンソウは、一定の大きさに育ってから日が長くなると花芽ができ「とう立ち」して花を咲かせる性質を持っています。こうなると硬く苦みを持ちますので春~夏に露地の家庭菜園でホウレンソウを育てるのは難しく、それでも栽培するなら病気に強く「とう立ち」しにくい専用品種を選ぶか、またはお盆頃に播種して秋に収穫するのが安全です。

野菜の花
雪印種苗園芸センター
<実を食べる野菜は、花を咲かせなければ収穫できない>
<実を食べる野菜は、花を咲かせなければ収穫できない>
 エンドウ(サヤエンドウ・スナップエンドウ)は、低温に遭遇することで花芽の分化が進む性質があるため、温暖地では秋播きして春~初夏に収穫するスタイルが一般的です。しかし北海道では越冬させるのが難しいため、5月のまだ寒い時期に播種して初夏~夏に収穫します。エンドウは夏に播種しても発芽し生育しますが、ほとんど実を着けない場合があります。

 種子の袋には、その品種に適した播き時期と収穫時期が表示されています。まずはこれを守り、家庭菜園に挑戦してみてはいかがでしょうか。

(文と写真:雪印種苗株式会社 研究開発本部 不破規智)




野菜の花
雪印種苗園芸センター
雪印種苗園芸センター

イベント情報
詳しくはこちら

月間アーカイブ

店舗紹介
雪印種苗園芸センター
(運営会社:株式会社グリーンプランナー)
札幌市厚別区上野幌1条5丁目1番6号
温室店舗 (011)891-2803
苗木売場 (011)896-7852
営業期間
(温室店舗)2月15日~12月20日
(苗木売場)4月20日~10月30日
営業時間
<2月>9:30~15:00
(温室店舗のみ)
<3月>9:30~17:00
(温室店舗のみ)
<4月~6月>9:30~18:00
<7月〜10月>9:30~17:00
(苗木売場は10月〜16:00まで)
<11月〜12月>9:30~15:00
(温室店舗のみ)
雪印種苗園芸センター