雪印種苗園芸センターは、バラ苗木をはじめとして各種果樹・花木類の苗木などを販売しています。

サイトマップ
プライバシーポリシー
雪印種苗園芸センター
011-891-2803
花暦
雪印種苗園芸センター

新着情報

雪印種苗園芸センター
2018年のオープンは、温室店舗2月15日、苗木売場4月20日を予定しております。(わくわく準備中♫)

***フレッシュな情報は、こちらのHPの新着情報やインスタグラムでも発信中***

☆☆2018年バラの予約受付は終了しました。2018年の入荷情報は4月にHP取扱商品「バラ」にてお知らせいたします☆☆

※1/10花暦(冬の室内で使いやすい鉢物用の肥料)を更新しました。

※12/7イベント&セール情報更新しました。

花暦

雪印種苗園芸センター
2018年1月

冬の室内で使いやすい鉢物用の肥料

~ 冬の室内で使いやすい鉢物用の肥料 ~

冬の室内で鉢花や観葉植物を栽培するポイントのひとつとして、肥料の選び方・使い方があります。冬の室内、特に北国では夏に比べて日射量が少なく、夜の温度が低いため植物は徒長気味となる傾向があります。また暖房によって空気が乾燥するので水やりの回数が増え、肥料不足になりがちです。

冬の室内で使いやすい鉢物用の肥料
雪印種苗園芸センター
<液肥と緩効性肥料>

園芸用肥料には多くの種類がありますが、室内の鉢物で使いやすいのは液肥と緩効性(かんこうせい)肥料です。液肥の利点は「即効性」ですが冬の室内では速く効きすぎると軟弱に育ってしまう難しい面もあるので、植物の様子を見ながら調整できる上級者向きと言えるかもしれません。
一方、固形の緩効性肥料は鉢土の表面に置けば1~2カ月間ゆっくりと効くので使いやすいです。これには大きく分けて錠剤状のものと粒状のものがあり、パッケージに効く期間が示されているので1か月以上のものを選びます。初めは少なめに置き、足りなければ足すという使い方が安全です。

冬の室内で使いやすい鉢物用の肥料
雪印種苗園芸センター
<鉢物用の活力剤・栄養剤>

 黄色や緑色でアンプル状の、活力剤・栄養剤と呼ばれる資材もあります。一見して肥料のように見えますがこれだけでは肥料不足になりがちです。まず適度に肥料を与えるのが大切で、それでも葉の色がよくない、萎れ気味など調子のよくない時に活力剤・栄養剤を使うのがよいでしょう。

冬の室内で使いやすい鉢物用の肥料
雪印種苗園芸センター
<水の与え過ぎに注意>
 鉢物の管理で失敗する一番の原因は「水の与え過ぎ」です。特に、鉢皿に水を溜めた状態にすると根腐れの原因となるので溜まった水はすぐに取り除いてください。

(文:雪印種苗株式会社 研究開発本部 不破規智)
雪印種苗園芸センター
雪印種苗園芸センター

 

イベント情報
詳しくはこちら
店舗紹介
雪印種苗園芸センター
(運営会社:株式会社グリーンプランナー)
札幌市厚別区上野幌1条5丁目1番6号
温室店舗 (011)891-2803
苗木売場 (011)896-7852
営業期間
(温室店舗)2月15日~12月20日
(苗木売場)4月20日~10月30日
営業時間
<2月>9:30~15:00
(温室店舗)
<3月>9:30~17:00
(温室店舗)
<4月~7月>9:30~18:00
(温室店舗・苗木売場)
<8月〜10月>9:30~17:00
(温室店舗・苗木売場)
<11月〜12月>9:30~15:00
(温室店舗)
雪印種苗園芸センター