雪印種苗園芸センターは、バラ苗木をはじめとして各種果樹・花木類の苗木などを販売しています。

サイトマップ
プライバシーポリシー
雪印種苗園芸センター
011-891-2803
instagram
花暦
雪印種苗園芸センター

新着情報

雪印種苗園芸センター
【3月営業時間のお知らせ】
9時30分~15時まで
※3月はお休みなく営業しております!!

※次の休業日は棚卸の為、4月1日(月)です。ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。


2/22 スィートコーン 恵味ゴールド200粒と50粒が入荷しました!!

【種いも販売のお知らせ】
2024年の種イモは2月24日(土)より販売しております!
どうぞお早めにお買い求めくださいませ。
2/24 販売予定品種
・男爵・メークイン・キタアカリ・とうや・ホッカイコガネ・アンデス赤・インカのめざめ・インカのひとみ・十勝こがね・シャドークイーン・はるか・さやか・ピルカ

※2/16 イベント&セール情報更新しました。

※花暦更新しました。ハナカンザシ

花暦

雪印種苗園芸センター
2023年12月

落葉樹

落葉樹

雪印種苗の構内には沢山の木々があります。
その中でも秋に葉を落とす落葉樹は、春の新緑の頃から夏にかけ徐々に緑が深くなり夏は強い日差しから守ってくれ、秋には色とりどりに紅葉し私たちを楽しませてくれます。
紅葉の後の落葉樹は静かに葉を落とし厳しい寒さに備えます。

落葉樹
雪印種苗園芸センター
葉について

木などの植物は、根から水分を吸収し、葉の気孔より二酸化炭素を取り込んで、太陽の光を受けて光合成をし植物が成長するのに欠かせない栄養を作り出します。

落葉樹
雪印種苗園芸センター
なせ葉を落とすの?

葉が栄養を作り出すのに必要な太陽の光は、冬の間日照時間が短く十分に太陽光を得ることができません。
また雪が降ると、葉の上に積もった雪の重みで、枝が折れやすくなります。そのため、落葉樹はエネルギーの消費を抑えるために葉を落とし休眠します。

落葉樹
雪印種苗園芸センター
落葉の仕組み
葉のつけねのところに離層という境目があり冬前になると枝から葉のほうへ水分が行かないようになります。そのために、葉はひとりでに枯れてしまい離層のところから、はなれ落ちてしまうのです。そうして準備を整えた樹木ですが、よく見ると春に向けた準備もしっかり進めているのですね。がんばれ!って応援したくなりますね。

(HANA)
落葉樹
雪印種苗園芸センター
雪印種苗園芸センター

イベント情報
詳しくはこちら
店舗紹介
雪印種苗園芸センター
(運営会社:株式会社グリーンプランナー)
札幌市厚別区上野幌1条5丁目1番6号
温室店舗 (011)891-2803
苗木売場 (011)896-7852
営業期間
(温室店舗)2月15日~12月1日
(苗木売場)4月20日~10月27日
休業日
4月1日(月)
7月1日(月)
9月30日(月)
※7月~11月 毎週水曜定休日
営業時間
<2月~3月>9:30~15:00(温室店舗のみ)
<4月~7月>9:30~17:00
<8月~10月>9:30~16:00
<11月~12月>9:30~15:00(温室店舗のみ)
雪印種苗園芸センター