雪印種苗園芸センターは、バラ苗木をはじめとして各種果樹・花木類の苗木などを販売しています。

サイトマップ
プライバシーポリシー
雪印種苗園芸センター
011-891-2803
花暦
雪印種苗園芸センター

新着情報

雪印種苗園芸センター
新北海道スタイル安心宣言

【お願い】ご来店の際はマスクの着用をお願いします。マスク着用のご協力を頂けない場合は他のお客様にご迷惑をおかけしますのでご入店をお断りしております。
皆さまが安全、安心してお買物していただけるようこれからもマスク着用にご理解、ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

9/17 【球根】クロッカス、オリエンタルゆり(ピンク・黄色・白)入荷しました。

9/14 シュウメイギク(白・ピンク)ハボタン入荷しました!

9/14 【球根】青森産ニンニク ホワイト六片が好評販売中。在庫が少なくなっています。お早めに!!

9/14 【球根】原種のチューリップ入荷しました。

9/14 【球根】アリウム(アリューム) ・ユニフォリウム・丹頂・グレイスフル・コワニー入荷しました。

9/14 ガーデンシクラメン入荷しました。

9/14 リンドウ入荷しました。

9/9  イチゴ苗入荷しました!!


9月30日(水)は棚卸の為休業いたします。

※8/20 イベント&セール情報更新しました。

※9/6 花暦更新しました【ニンニク】更新しました。

※2021年取扱い予定バラ品種公開!

花暦

雪印種苗園芸センター
2021年8月

食虫植物について

食虫植物とは

食虫植物とは、名前の通り「虫を食べる」植物です。食肉植物、肉食植物と呼ばれることもあります。虫を食べる植物ではありますが、虫だけを食べて自分のエネルギーにしているのではなく、光合成能力があり、自ら栄養分を合成して生育する能力があります。育て方、水やり、肥料などのやり方は各品種ごとで異なります。

食虫植物について
雪印種苗園芸センター
モウセンゴケ

漢字で書くと「毛氈苔」となりますが、花が咲いて種子をつくるので苔の仲間ではありません。葉の表面に腺毛がたくさん生えていて、その先にきらきら光る粘液を分泌して虫を粘りつけ消化吸収する粘着捕虫植物の1種です。日本で一般的なモウセンゴケは直射日光を好みますが、暑さに弱い性質があります。常に水が必要なので受け皿に水をためておくのがよいでしょう。冬の地上部が枯れる休眠状態のときにも水はためておいてください。ハダニやカイガラムシがつくことがありますが、それほど多くはありません。早めに薬剤散布し対応してください。病気にはほとんどかかりません。

食虫植物について
雪印種苗園芸センター
ハエトリグサ

ハエトリグサは北米原産の多年草です。茎は短く、地を這うように、または少し立ち上がった状態で、放射状に葉を広げます。二枚貝のような形状の葉の縁に、牙のようなトゲが生えています。葉に虫が触れると、閉じて捕まえ消化液で溶かしてしまう面白い生態です。指で葉をつつくと閉じるので面白いのですが、やりすぎてしまうとストレスを与えてしまうので注意が必要です。初夏から夏に白い小さな花を咲かせます。日当たりよく風通しの良い場所で管理し、鉢に水苔を入れ湿った環境を維持しましょう。肥料や薬剤散布は必要ありません。

食虫植物について
雪印種苗園芸センター
他にも
他にもサラセニアやウツボカズラなど色々な食虫植物が存在します。虫を捕まえた姿が気持ち悪いと思われるかもしれませんが、その奇妙な生態を楽しんでいただけたらと思います。コバエが沸いているお花の周りに置いて、食虫植物に食べてもらうのも良いと思います。

<kuroko>
食虫植物について
雪印種苗園芸センター
雪印種苗園芸センター

イベント情報
詳しくはこちら
店舗紹介
雪印種苗園芸センター
(運営会社:株式会社グリーンプランナー)
札幌市厚別区上野幌1条5丁目1番6号
温室店舗 (011)891-2803
苗木売場 (011)896-7852
営業期間
(温室店舗)2月15日〜12月10日
(苗木売場)4月20日〜10月31日
休業日
3月31日(水)
6月30日(水)
9月30日(木)
営業時間
<2月~3月>9:30~15:00(温室店舗のみ)
<4月~9月>9:30~17:00
<10月>9:30~16:00
<11月〜12月>9:30~15:00(温室店舗のみ)
雪印種苗園芸センター