雪印種苗園芸センターは、バラ苗木をはじめとして各種果樹・花木類の苗木などを販売しています。

サイトマップ
プライバシーポリシー
雪印種苗園芸センター
011-891-2803
花暦
雪印種苗園芸センター

新着情報

雪印種苗園芸センター
ジャガイモの種イモ、半額セール実施中!

野菜苗、セール実施中!!定番お野菜から珍しいお野菜まであれこれありますよ~!お早目に!

***フレッシュな情報は、こちらのHPの新着情報やインスタグラムでも発信中***

☆☆2018年の入荷情報は取扱商品「バラ」にてお知らせしています。(4月現在)☆☆

※6/13花暦(アキレギア(セイヨウオダマキ)の花)を更新しました。

※6/7イベント&セール情報更新しました。

★★★7月2日(月)は棚卸の為、お休みいたします。★★★

花暦

雪印種苗園芸センター
2017年3月

雪解けの頃

~ 雪解けの頃 ~

3月は雪解けの進む頃。長期予報によると今年の春は早く訪れるそうですので、札幌近郊では下旬になれば、日当たりのよい場所の植物が顔を出し始めそうです。一方、北国の植物は雪に守られて冬を過ごしますので、その守りが消える雪解けの頃は少し危険な時期でもあります。

雪解けの頃
雪印種苗園芸センター
<雪に守られる>

冬の間、深く積もった雪の下の地面付近はおおよそ0℃、湿度はほぼ100%で保たれます。このため寒冷地に適応した植物は「雪に守られて」越冬することができます。ですから寒さに強い植物でも、もし初冬の積雪が遅れると乾燥した寒風に晒されて冬枯れとなりますし、早すぎる雪解けの後で急に気温が低下すると大きなダメージを受けてしまうことがあります。

雪解けの頃
雪印種苗園芸センター
<庭は無理して除雪しない>

 早春の植物も雪に守られていますので「庭の花が早く咲くように」と雪を取り除いてしまうことは危険です。雪が少しずつ少なくなり、地温が上がってくれば植物は雪の下でも春を迎える準備をしていますから、私たちは急がずに自然の雪解けを待つのがよさそうです。

(文:雪印種苗株式会社 研究開発本部 不破規智)

雪印種苗園芸センター
雪印種苗園芸センター

イベント情報
詳しくはこちら
店舗紹介
雪印種苗園芸センター
(運営会社:株式会社グリーンプランナー)
札幌市厚別区上野幌1条5丁目1番6号
温室店舗 (011)891-2803
苗木売場 (011)896-7852
営業期間
(温室店舗)2月15日~12月20日
(苗木売場)4月20日~10月30日
営業時間
<2月>9:30~15:00
(温室店舗)
<3月>9:30~17:00
(温室店舗)
<4月~7月>9:30~18:00
(温室店舗・苗木売場)
<8月〜10月>9:30~17:00
(温室店舗・苗木売場)
<11月〜12月>9:30~15:00
(温室店舗)
雪印種苗園芸センター