雪印種苗園芸センターは、バラ苗木をはじめとして各種果樹・花木類の苗木などを販売しています。

サイトマップ
プライバシーポリシー
雪印種苗園芸センター
011-891-2803
花暦
雪印種苗園芸センター

新着情報

雪印種苗園芸センター
*球根入荷のお知らせ*
チューリップ、ユリの球根が入荷しました。

※道産子イチゴ‘けんたろう’苗、数量限定で9月2日より販売開始いたしました。生産量が少なく、『まぼろしのイチゴ』と言われているとってもおいしいイチゴです!

***フレッシュな情報は、こちらのHPの新着情報やインスタグラムでも発信中***

※10/14花暦(ユリの球根を植えましょう)を更新しました。

※10/5イベント&セール情報更新しました。

花暦

雪印種苗園芸センター
2018年3月

梅と桜

~ 梅と桜 ~

日本では一般に「梅は1~3月、桜は3~4月に開花する」と言われ、特に温暖地では梅の開花で春の訪れをいち早く感じることができます。しかし寒冷地では梅と桜がほぼ同じ時期に咲くことが多いため、北海道では桜の華やかさに隠れてか、梅の花が話題になることは多くありません。

梅と桜
雪印種苗園芸センター
<梅と桜の開花時期を決める要素>

さて、温暖地では「まず梅が咲き、その後に桜が咲く」のに対し、寒冷地では梅と桜が同時期に咲くのはなぜでしょう?
梅も桜も、「夏の間に花芽を作る⇒秋に休眠を始める⇒冬の低温に一定期間遭遇して目覚める(休眠打破)⇒春先からの気温の上昇により生長・開花する」という仕組みは同じです。このうち休眠打破の時期は梅が1月頃、桜は2月頃で、その後の気温の上昇につれて開花するので、温暖地では梅が先となります。しかし寒冷地では1月も2月も気温が十分に低いため、梅の花芽が桜より先に生長することがなく最終的に同じ時期の開花になるようです。

梅と桜
雪印種苗園芸センター
<梅と桜では剪定の考え方が異なる>

似たような性質の梅と桜ですが、「桜切るばか梅切らぬばか」という言葉があるように枝を切る剪定の考え方は大きく異なります。
 梅は、古い枝には花が着きにくくなるため、適度に剪定して若い枝が育つように手入れするのが良いとされます。一方、桜は枝を切ると切り口から腐敗して木が枯れてしまうことが多いため、太い枝を切るのはできるだけ避けるべきです。しかしどうしても樹形を整える必要があるような場合には、切り口を塞ぐ薬剤を使うのがよいでしょう。


(文:雪印種苗株式会社 研究開発本部 不破規智)

雪印種苗園芸センター
雪印種苗園芸センター

イベント情報
詳しくはこちら
店舗紹介
雪印種苗園芸センター
(運営会社:株式会社グリーンプランナー)
札幌市厚別区上野幌1条5丁目1番6号
温室店舗 (011)891-2803
苗木売場 (011)896-7852
営業期間
(温室店舗)2月15日~12月20日
(苗木売場)4月20日~10月30日
営業時間
<2月>9:30~15:00
(温室店舗)
<3月>9:30~17:00
(温室店舗)
<4月~7月>9:30~18:00
(温室店舗・苗木売場)
<8月〜10月>9:30~17:00
(温室店舗・苗木売場)
<11月〜12月>9:30~15:00
(温室店舗)
雪印種苗園芸センター