雪印種苗園芸センターは、バラ苗木をはじめとして各種果樹・花木類の苗木などを販売しています。

サイトマップ
プライバシーポリシー
雪印種苗園芸センター
011-891-2803
花暦
雪印種苗園芸センター

新着情報

雪印種苗園芸センター
(5/31入荷情報)接木キュウリ黒さんご、接木ナス、接木スイカ、種なしピーマン、バジル、つるなしインゲン、つるありインゲン、シシトウ。
売り切れの際はご了承ください。
※他にもいろいろありますよ~。

●営業再開のお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため臨時休業しておりましたが、政府の「緊急事態宣言」全面解除の決定を受け2020年5月26日より営業を再開いたします。
休業期間中はご迷惑をおかけいたしましたが、今後もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

               記

営業再開日:2020年5月26日(火)
営業再開時間:9時30分より
※マスク着用の上、ご来店ください。

(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、野菜苗はバラ見本園側で販売いたします。)
                                       以上

***フレッシュな情報は、こちらのHPの新着情報やインスタグラムでも発信中***
※イベント&セール情報を更新してます。ここをクリックしてください

※5/11 花暦【ベランダガーデン☆クレマチス☆ 】を更新しました。

※2020年取扱い予定バラ品種公開!
営業時間のお知らせ
4月~9月 9:30~17:00 10月 9:30~16:00 11月・12月 9:30~15:00(苗木売場・バラ見本園は10月30日まで)
休業日 6月30日・9月30日

花暦

雪印種苗園芸センター
2019年10月

タカノハススキ

~ タカノハススキ ~

ススキは日本全国の山野に自生する野生植物ですが、観賞用に栽培される園芸品種もあり、北海道の公園や庭先ではタカノハ(鷹の羽)ススキをよく見かけます。このような園芸品種も野生のものと同様に強健で土質を選ばず、病害虫もほとんど発生しないので庭植えに適しますが、年を経ると大きくなるので植える場所には注意しましょう。

雪印種苗園芸センター
<葉の模様を楽しむカラーリーフプランツ>

ススキにはいくつかの園芸品種があり、かつては山野草的な扱いでしたが現在ではカラーリーフプランツとして販売される場面が多いようです。ススキの園芸種のうち北海道で見かけるのはほとんどがタカノハススキで、この品種の特徴として細長い葉を横断するように現れるV字型の白い斑が美しいため、かつて矢に使われた鷹の羽の模様から連想して名付けられたようです。

タカノハススキ
雪印種苗園芸センター
<穂を出す時期は、北海道の野生のススキより1カ月ほど遅く大型になる>

 野生のススキには地域性があり、それぞれの自生地で子孫を残すのに適した時期に穂を出して開花し、種子を実らせます。北海道では8月末頃に穂が出て開花、種子をつけて9月中に白い「ススキの穂」となります。一方、このタカノハススキは大型で北海道産に比べ1カ月ほど遅れて穂が出るため、これがススキだと気付かない人は多いようです。
 この植物で注意したいのは、背が高く年を経るごとに株がどんどん大きくなることです。大きくなってしまうと掘り上げるのにも苦労しますので、庭植えでは肥料を与え過ぎず定期的に株分けするなど、適度な大きさを保つよう管理することが長く付き合うコツといえます。

タカノハススキ
雪印種苗園芸センター
雪印種苗園芸センター

イベント情報
詳しくはこちら
店舗紹介
雪印種苗園芸センター
(運営会社:株式会社グリーンプランナー)
札幌市厚別区上野幌1条5丁目1番6号
温室店舗 (011)891-2803
苗木売場 (011)896-7852
営業期間
(温室店舗)3月~12月10日
(苗木売場)4月18日~10月30日
休業日
3月31日(火)
6月30日(火)
9月30日(水)
営業時間
<3月>9:30~15:00
(温室店舗のみ)
<4月~9月>9:30~17:00
<10月>9:30~16:00
<11月〜12月>9:30~15:00
(温室店舗のみ)
雪印種苗園芸センター