雪印種苗園芸センターは、バラ苗木をはじめとして各種果樹・花木類の苗木などを販売しています。

サイトマップ
プライバシーポリシー
雪印種苗園芸センター
011-891-2803
花暦
雪印種苗園芸センター

新着情報

雪印種苗園芸センター
【お知らせとお願い】CO2削減・環境保全・野生動物保護のため7月1日よりレジ袋有料化になります。
レジ袋の使用を減らすため、ご自宅の箱や袋をぜひぜひご持参ください。ご理解、ご協力をお願いします。

【お願い】ご来店の際はマスクの着用をお願いします。

【8/7】ニンニク(青森産のホワイト六片)入荷しました!!

***フレッシュな情報は、こちらのHPの新着情報やインスタグラムでも発信中***
※イベント&セール情報を更新してます。ここをクリックしてください

※8/7 花暦【シェードガーデン】を更新しました。

※2020年取扱い予定バラ品種公開!
営業時間のお知らせ
4月~9月 9:30~17:00 10月 9:30~16:00 11月・12月 9:30~15:00(苗木売場・バラ見本園は10月30日まで)
今後の休業日 9月30日

花暦

雪印種苗園芸センター
2019年12月

腐葉土を手軽に使う

~ 腐葉土を手軽に使う ~

大きな鉢やコンテナ、プランターなどへ草花を寄せ植えする際、使う土(培養土)が適したものであるかどうかで、その出来上がりは大きく違ってきます。いちばん大事なのは植え付けた後に勢いよく根を伸ばし活着する段階で、それに適した環境を作ってくれる手軽な資材のひとつが腐葉土です。

腐葉土を手軽に使う
雪印種苗園芸センター
<腐葉土は土をふかふかにする>

 腐葉土は名前の通り、木(主に広葉樹)の落ち葉が腐りかけたもので、自然界でも林床には自然にできた腐葉土があり、さまざまな植物が育つのを助けています。一方ガーデニング用に販売されている「腐葉土」は人工的に作られたものですが、土に混ぜることによって自然界と同様の効果があり、植物が根を張りやすい「ふかふかの土」になります。

雪印種苗園芸センター
<腐葉土を手軽に使う>

 腐葉土は土の体積に対して20%程度を混ぜれば十分な効果がありますが、草花の活着の段階で効果を発揮させるためには、腐葉土は根の周りにあればよいとも言えます。つまり、草花を植える際の植え穴に一掴みの腐葉土を入れて周囲の土と軽く混ぜるだけでも根の近くに空気を供給し、草花の活着を助ける効果を期待できます。

雪印種苗園芸センター
<腐葉土に肥料としての効果は期待しない>
 腐葉土にもある程度の肥料分は含まれていますが、その肥料分を植物が利用できるとは限りません。土に混ざり合った腐葉土はさらに分解されて行き、その分解の際には微生物によって肥料分(主に窒素)が利用されるので、腐葉土を使うことによって逆に植物のための肥料が不足する場合があります。このような場合を想定してはじめから肥料を少し多めに加えるか、または追肥で補うのがよいでしょう。
雪印種苗園芸センター
雪印種苗園芸センター

イベント情報
詳しくはこちら
店舗紹介
雪印種苗園芸センター
(運営会社:株式会社グリーンプランナー)
札幌市厚別区上野幌1条5丁目1番6号
温室店舗 (011)891-2803
苗木売場 (011)896-7852
営業期間
(温室店舗)3月~12月10日
(苗木売場)4月18日~10月30日
休業日
3月31日(火)
6月30日(火)
9月30日(水)
営業時間
<3月>9:30~15:00
(温室店舗のみ)
<4月~9月>9:30~17:00
<10月>9:30~16:00
<11月〜12月>9:30~15:00
(温室店舗のみ)
雪印種苗園芸センター